Interview ちがさき創業物語vol.1
二代目魚清(うおきよ)わさび 平牧 明さん

20年以上の下積み後、念願かなっての開店

「幼い時から和食が好きで、中学生の頃から自分の和食店を持つのが夢でした」と語る店主の平牧明さん。平牧さんは20年以上、旅館やホテルの厨房で腕を磨き、平成28年3月に満を持して開店しました。「料理を作る以外にホームページの作成など初めてのことを全部自分でやらなければいけないので大変でした。」そんな平牧さんを支えたのは家族でした。「中学生の息子が『将来はお父さんのように調理師になって店を継ぎたい』と言ってくれたことが心の支えになっています。息子は注文を受けるなど店の手伝いをしてくれて助かっています」と笑顔で語ってくれました。

魚屋だからできる新鮮な魚料理が売り

自慢の魚料理

自慢の料理は魚料理。50年以上続く老舗の魚屋「魚清」の二代目としても店を経営しているため、新鮮な魚料理を食べることができます。「お刺身の盛り合わせは季節によって魚の種類が変わります。これからの時期はフグやマグロがおいしくなるので、ぜひ食べに来てほしいです」と目を輝かせました。「将来の夢は茅ヶ崎駅の近くにもお店を出店することです。そのためにみなさんに満足してもらえる料理を提供していきたいです」と抱負を語りました。

二代目 魚清わさび 店舗情報
住所:柳島2-10-7
電話番号:0467-85-0222
営業時間:11時30分~14時30分(ラストオーダー14時)
     17時~22時(ラストオーダー21時30分)
定休日:木曜日(終日定休)、金曜日(昼のみ定休、夜営業)
ホームページ
https://wasabi307.com/

この記事は創業者支援事業の一環として広報ちがさき(平成28年10月1日号)の『茅ヶ崎でお店をはじめました』に掲載したものです。


二代目魚清 わさびは茅ヶ崎市南西部の柳島にあります。
周辺にはスポーツ公園や建て替えをしている住宅団地があり、スポーツ公園と住宅団地の間の潮風が感じられる住宅街にお店はあります。